インフラエンジニア


応募要項はこちら

テクニカルリード/インフラエンジニア

データ化システム,新規事業領域担当インフラエンジニア

キャリアプロフィール「Eight」インフラエンジニア


Sansan株式会社のインフラエンジニアとは

プロダクトを成長させ、ユーザーに価値を安定して届ける

 
Sansan株式会社はウェブアプリやモバイルアプリをユーザーに提供するだけではなく、 紙の名刺や請求書、契約書などをデータ化するシステムや、 他社サービスとの連携のためのシステムも構築しています。
多種多様なデータや、大きなトラフィックを扱いながら、 さまざまな要件やニーズを実現するために、システムの土台となる インフラのコンポーネントを安定的に稼働していくことに、 当社のインフラエンジニアはコミットしています。
プロダクトごとに配属されるインフラエンジニアは、 2022年3月に組成されたインフラ戦略部と深く連携をしています。 事業全体の方針や担当するプロダクトの開発ロードマップを理解し、 スピード、ユースケースに合わせた最適な技術スタックを立案。 ユーザーに当社のサービスの価値を届け続けるために、 今日も最適な方法を追求し続けています。
 
 
 

Pick Up コンテンツ

Sansan株式会社の事業のコアを支える、インフラ構築の醍醐味とは
 
会社全体のインフラ戦略の立案・遂行に責任を持つインフラ戦略部について
 

業務内容

インフラエンジニア技術スタック一覧表

営業DXサービス「Sansan」キャリアプロフィール「Eight」インボイス管理サービス「Bill One」データ化システムデータ戦略 新規事業領域担当
Programming LanguagePython, Shell Script, PowerShellPython, Shell Script, RubyPython, Shell ScriptPython, Shell Script, GoPython, Shell ScriptPython, Shell Script
Cloud PlatformAWSAWSGCPAWS, GCPAWS, GCPGCP
OSWindows Server, Linux LinuxLinuxWindows Server, LinuxLinuxLinux
Distribution/VersionWindows Server 2016, Windows Server 2019, CentOS7, Rocky Linux9CentSO7, Amazon Linux 2, Debian(Docker)Ubuntu(Docker)Windows Server 2016, Windows Server 2019, Amazon Linux 2, Ubuntu(Docker)Amazon Linux, Ubuntu(Docker)Ubuntu(Docker)
Container OrchestrationAmazon ECS(EC2/Fargate)Amazon ECS(EC2/Fargate)CloudRun, AppEngineAmazon ECS(EC2/Fargate), CloudRunAmazon ECS(EC2/Fargate), CloudRunCloudRun, AppEngine
IaC ToolsChef, Terraform, ServerspecChef, Terraform, ServerspecTerraformChef, Terraform, ServerspecChef、Terraform, ServerspecTerraform
Web ServerIIS, Apache, NginxNginx, ApacheNginxNginxNginxNginx
DatabasePostgreSQL, Amazon Aurora PostgreSQLAmazon Aurora MySQL, Amazon Aurora PostgreSQL, Amazon RedshftPostgreSQL, BigQuery PostgreSQL, Amazon Aurora MySQL, RedshiftPostgreSQL, Amazon Aurora MySQL, Redshift, BigQueryPostgreSQL, BigQuery
Other Data StoreElastiCache for Redis, DynamoDB, Opensearch serviceElasticache for Redis, ElatiCache for Memcached, DynamoDB, Opensearch serviceCloud MemorystoreElasticache for Redis, DynamoDB, Opensearch service, ElasticsearchElasticache for Redis, DynamoDB, Opensearch service, ElasticsearchCloud Memorystore
MonitoringZabbix, CloudWatch, NewRelicDatadog, CloudWatchCloudMonitoringDatadog, Cloudwatch, CloudMonitoringDatadog, CloudWatchCloudMonitoring, Splunk
CIJenkins, NUnit, CodeDeployCircleCI, CodeBuildCloudBuildCircleCI, GitHub Actions, CodeBuild, CloudBuildCircleCI, GitHub Actions, CodeBuildGithub ActionsCloudBuild
Code ManagementGitHub, GitLabGitHubGitHubGitHubGitHubGithHub
 

業務別紹介


 

営業DXサービス「Sansan」インフラエンジニア

プロダクトの概要とインフラエンジニアの役割

営業DXサービス「Sansan」は、数名規模の企業から大手企業まで、8,000件以上の契約件数を有する日本最大級のBtoB SaaSです。インフラエンジニアはこのシステムの要件定義から運用保守、技術的な意思決定に至るまで、幅広い業務に携わることができます。
プロジェクトが開始すると、システム要件を定義してエンジニア全体にプレゼンテーションを実施。承認されたら設計フェーズに進みます。ステークホルダーとの合意形成をしつつ、設計と計画を作成。レビュー通過後に実装フェーズに進みます。実装や構築、テストについてレビューを受け、承認されたらリリースして、運用フェーズに移行します。
誕生から10年以上が経つシステムですが、新機能開発やシステムのリアーキテクチャ、セキュリティ対応などタスクや課題はまだまだあります。システム構築の効率化やDevSecOpsの洗練、継続的な運用改善などをより強力に推進したいと考えています。

応募要項はこちら

テクニカルリード/インフラエンジニア

 

 

キャリアプロフィール「Eight」インフラエンジニア

プロダクト概要とインフラエンジニアの役割

キャリアプロフィール「Eight」は300万人以上のユーザーを抱えるB to Cサービスであり、かつ2,000社以上の企業に利用されるB to Bサービスでもあります。ユーザー向け・企業向けいずれもさまざまな施策が実施されており、それらに対応するためのインフラの構築や運用が求められます。
事業組織やプロダクト組織と開発組織との距離が近いため、全組織が一丸となってプロダクトの開発から運用までを担えるのが特徴です。少数精鋭でありメンバーの裁量が大きい反面、一人ひとりの業務負担は大きくなっています。チームメンバーの負担軽減や新規案件の推進のためにも、メンバーの増強やトイルの削減などを推進する必要があります。
「Eight」のインフラエンジニアは、抽象度の高い依頼を読み解くために、コミュニケーションによってブレークダウンし、内容を整理したうえでプロジェクトを完了させることが求められます。そのため、依頼や課題の背景・目的を理解し、自身やチームの役割を適切に把握して行動できる人物が活躍できる環境です。
 

 

インボイス管理サービス「Bill One」インフラエンジニア

プロダクト概要とインフラエンジニアの役割について

「Bill One」は、あらゆる請求書をオンラインで受け取れる、インボイス管理サービスです。顧客数および「Bill One」を通してやりとりされる請求書の数が急速に伸びており、さまざまな施策が進行中です。それらに対応するためのインフラ構築や運用が必要になっています。
インフラエンジニアはSREグループに所属し、インフラの側面からシステムの信頼性向上に携わります。現在、急拡大するサービスに対してインフラエンジニアの数が足りておらず、一人ひとりの業務負担が大きい状態になっています。メンバーの負担軽減や本質的なシステムの改善、新規施策の推進のために、メンバーの増強が必要です。
「Bill One」のインフラ業務においては、PDCAを回して改善を根気よく行う能力が求められます。また、新しい技術に挑戦したい人や、目的意識をしっかり持ってオーナーシップ・リーダーシップを発揮して課題に向き合う事ができる人が活躍できる環境です。
 

 

データ化システム

プロダクト概要とインフラエンジニアの役割について

日本最大級のB to B SaaSである営業DXサービス「Sansan」や300万人以上が利用するキャリアプロフィール「Eight」、急成長中のインボイス管理サービス「Bill One」などから送られてくる大量のデータを、素早く正確にデータ化するためのシステムを構築・運用します。インフラ領域とアプリケーション領域の垣根が低く、インフラエンジニアとアプリケーションエンジニアが相談し合いながら開発を行うことも特徴です。
Sansan株式会社の事業成長とともに機能追加・改修をくり返してきたシステムであるため、古い技術と新しい技術が混在しています。事業の成長スピードを加速させるためにも、システム全体の再設計が急務です。また、強固なセキュリティと運用面での利便性を担保させることが重要になります。
新しい技術に挑戦する意欲があり、かつレガシーな技術を軽んじない人が適しています。目的意識をしっかりと持ち、オーナーシップ・リーダーシップを発揮して課題に向き合えることも重要です。

応募要項はこちら

インフラエンジニア データ化システム,新規事業領域担当

 

 

データ戦略インフラエンジニア

データ戦略におけるインフラエンジニアの役割について

外部データを活用して、営業DXサービス「Sansan」、キャリアプロフィール「Eight」などのサービスに名刺管理だけではない付加価値を提供するためのシステムを開発しています。サービスの立ち上げに携わる機会が多いのが特徴です。インフラエンジニアは機能要件・非機能要件の定義から設計、構築・運用までを、短いサイクルでアプリケーションエンジニアと相談し合いながら実施します。
多種多様なデータを扱う特性上、利用範囲の遵守やセキュリティの担保が求められます。案件が多数同時進行しているため、特定のインフラエンジニアが同時に複数の施策を担当することがあります。これを、ひとつの施策に集中して取り組める環境にすることが急務です。
インフラエンジニアは、データ指向なアプリケーションのインフラに必要な要素やRDBMS・全文検索・各種NoSQLの強み・弱みなどを熟知することが求められます。データ関連のチューニングが大好きな人や、目的意識をしっかり持ってオーナーシップ・リーダーシップを発揮して課題に向き合える人に適した環境です。
 

 

新規事業領域インフラエンジニア

新規事業領域におけるインフラエンジニアの役割について

クラウド契約業務サービス「Contract One」、名刺作成サービス「名刺メーカー」などの新規サービスのインフラを設計・構築・運用します。この領域から「Bill One」は生まれました。インフラエンジニアは機能要件・非機能要件の定義から設計、構築・運用までを短いサイクルでアプリケーションエンジニアと相談し合いながら実施します。
サービス拡大の目処が立つまでは、最小構成のシステムや最小限の人員で効率よくサービスを運用させる必要があります。制約はあるもののインフラ構築の自由度は高く、新しい技術を駆使して非機能要件を担保しながら機能を提供する楽しさがあります。
リソースに制約があるなかでシステムのアーキテクチャを考えるのは面白さもありますが、インフラエンジニアの業務負荷も高い状況であるのが課題です。そのため、人員の増強が急務となっています。このシステムでは、とにかく新しい技術に挑戦したい人やプロジェクト内で臨機応変に立ち回れる人、目的意識をしっかり持ちオーナーシップ・リーダーシップを発揮して課題と向き合える人が活躍できます。
 

 
 

インフラエンジニアに関する記事

当社エンジニアに関する記事

 

Sansan株式会社について

 

Sansan Tech Podcast

当社のエンジニアがお届けするPodcastです。Sansanエンジニアの技術のこと、カルチャーのこと、日々のSansanライフについて自由に語っています。